今日はこんな感じ

本日、昼頃からぐんぐん気温が上昇して、暖かいを通り越して生ぬるい湯につかっているような感じ。おかげで散歩の途中から、トレーナーを脱いでしまった。

 その陽気に誘われてか、滝の川に生息しているカメが、今年初めて姿を現した。

 今まで、いったいどこに身を潜めていたのだろ
しかしながら、よく見ると、これは自動車を輸出する際などに使われるコンテナ船のよう。もちろん、横浜港には、コンテナ船は、ごろごろあって、別に珍しいものではないのですが、旅客用である大桟橋に停泊しているのはなぜ? 
 しかも、大桟橋のHPで入港予定を確認してみると、2月の入港予定はないとのこと。とすれば、いったいこれは何?
 あるいは、時節がら、中の国の人たちが、爆買い用にチャーターしたのかと思いました。

 で、本日、実際に大桟橋まで行って確かめてみたのですが
イベントによる展示だったようです

サプリを飲んでもらった

そうなってくると、いよいよ、「返した」一点張りの輩があやしい・・・
 とは言え、ただ、「書類はありませんか?」では、埒があかないだろう、ということで若いモンに、入れ知恵。

「良いか。向こうの担当者とは、できるだけ大きな声で会話しろ。特に、向こう側に座っている課長に聞こえるくらいにな。別に、相手を非難する必要はない。ただ、「あの書類が見つからないと困るんです」を連発しろ」

 若いモンが、その部署に出向く直前、上司から、先方の課長に、それとなく電話を入れたのも効を奏したのか、ほどなくして、失われていた書類は、「無事発見された」のであった。

 ちなみに、大騒ぎしても、総身がでかすぎるせいか、××aho庁の中心には、なかなか届かなかったようですね・

ようやく台湾から帰ってきました。
 いや、暑かった、日に焼けた、疲れた・・・ということの子細は、また、改めて書きます。これから、写真画像の取り込みもしなければならないので。
 もちろん、台湾のことですからパイソン色は薄いですけど、ジョンとギリアム関係でお土産もあります

そろそろ仕事の方でも美容に気を使いたい

しかし、仕事は炎上しているという・・・

まぁ、予言と違って何事も無くて良かったな。

そろそろ仕事の方はドカーンと当たって欲しい気がするが
グラグラーとかゴゴゴゴーとか予感めいたものは無く
コレハチガウトオモウ的な内容の進み具合で
中々と中々なわけで・・・

ふう、もっと頑張らないと
また1年が過ぎてしまう(--

知識と失敗経験は溜まってるけど
スキル成長は停滞気味だし気力は下がる一方だし

これがゲームならこのユニットは破棄するか悩むなってレベルの
微妙な能力値になってきたなぁ

そろそろ噴火したいところなんだけどなぁ
んーまぁ、なんというか、そうとも取れるかな?みたいな
とりあえず、最近は仕事で知識は仕入れても共有できてないって事が多く
結果、仕事できて無いじゃんみたいなことが多いので困る。
でも、そういう人って出てしまってて・・・困るな(--;
もっと自信を持って発言しろって言われてもなぁ。。。。

低炭水化物ダイエット

最近のダイエットの定番といえば「低炭水化物ダイエット」。これは「糖質制限ダイエット」ともいわれ、なるべく炭水化物をとらない食事療法だが、この方法が「低脂肪食」より、ダイエットと心臓や血管の疾患リスクを減らす効果がある、という調査結果が出た。順天堂大学医学部の小林弘幸教授は言う。

「アメリカのテュレーン大学健康科学センターでは、22~75歳の男女148人に『低炭水化物食』と『低脂肪食』のいずれかを12カ月間、食べ続けてもらう調査を実施。その結果、体重、体脂肪量、中性脂肪値が『低脂肪食』よりも『低炭水化物食』を食べ続けた人のほうが低下したというのです。血管をキレイにして動脈硬化を防ぐ『HDLコレステロール』の値が上昇。心筋梗塞のリスクを上げる『CRP値』の低下が認められました」

 さらに、多くの人がすでに実践している「食べる順番ダイエット」にも新たな展開が。これはその名のとおり、最初に野菜を食べて、次に肉や魚などのタンパク質、最後にご飯やパン、パスタなど炭水化物の順番で食べるダイエット法だ。

「炭水化物はエネルギーの源です。適度に摂取しなければ血流も悪化。体のすみずみまで酸素が届けられず、老化も加速します。やはりダイエットの近道は、炭水化物を適量とって、1日のカロリーを一定量に保ちながら適度な運動をすることなのです」。

亜硫酸に酸素がくっつくことで酸化を防ぐ

除梗・破砕
これは茎をとったり潰したりで、あの有名なぶどう踏みです。
今は機械ですね。

そして発酵、圧搾、熟成・貯蔵という段階を踏みます。

赤ワインは皮ごと酵母を入れて発酵させます。
それから圧搾してワインを絞り出します。
終わったあとの皮は色素もだいぶ薄くなり、カサカサになっています。
白ワインは皮をとって、圧搾してから酵母を入れて作ります。
ロゼはいくつか作り方があって、赤ワインをて早く作るようにしたり、出来上がった赤と白を混ぜたりなどです。

ワイン(というか果汁全般)にはリンゴ酸が含まれています。
リンゴ酸というのは二つ酸があるもので、酸味が強いんです。
そこに乳酸菌を加えると菌が酸を食べることで、ひとつ減った乳酸になります。
それで味がまろやかになります。

切ったリンゴが変色するように、ワインも酸化しやすいのです。
それを防ぐために貯蔵するとき、瓶詰めのときに亜硫酸を加えます。
雑菌が増えポリフェノールが酸化するのを抑えるんですね。

亜硫酸に酸素がくっつくことで酸化を防ぎ、さらに酵母が増えます。
これはもうローマ時代には行っていたそうです。
樽の中で硫黄を燃やすことで亜硫酸を発生させました。

目元美容液を一年を通して使う

シミは隠せるけど、ぱっと見、全体の雰囲気が変わってしまうのは、たるみだと思います。
化粧品の、選び方として、夜は、エイジング重視、朝、ホワイトニング意識で、使っていますが…

これが、ここ数年の、使い方です。真夏は、夜もホワイトニングの美容液も、プラスしたり、その日の、天候や、過ごし方等で、変化させるのも大切でしょうね。
お菓子の、食べ過ぎで、お肌の糖化現象をおこし、たるみを促進させてしまうと言う、こわ~いお話を聞いたばっかりでした。

私は、夜、お風呂で簡単なパックを毎日しているのですが、もしかしたら、シミが、気にならないのは、この、効果があるのかも?…です。(笑)
私は今の時期は美白化粧品は朝晩使ってます。
余裕がある時はシートマスクしながら家事したり、エイジングクリームを重ね付けして寝たりもします。

秋頃になると少しずつエイジング系に切り替えていきます。
目元は美白とエイジングが組合わさった目元美容液を一年を通して使うようにしてます。

大切なのは内面を変えていくこと

自分がモテない原因を自分に求める人がいますね。
それ自体は間違いではないです。

でも、何を変えると言って、表面的なところだけを変えようとする人が多いです。
今だったらネットで恋愛テクニックみたいなものはたくさんヒットしますしね。

表面を変えたら女性と付き合えるか?
付き合えるかもしれません。

ただ、それはあなたの内面とは解離しています。
あなた自身がいずれつらくなります。

大切なのは内面を変えていくことです。
別人格になれと言うわけではないです。
よりあなた自身を正しく表現出来るようになりましょう、と言うことです。

僕は正しいやり方で女性と出会えましたし、結婚生活もお陰で愉しい日々です。
それは自分をごまかしてないから。

女性だってあなたが何を考えているか分からなくなって不安に感じることもあります。
だったらあなたを素直に出せば良いのです。

自分自身これからも継続的に努力しますよ。
より素直に愛情を表現出来る性格になるように。

痩せた後の維持

食べる順番に気を付け、どんぶり一杯のサラダと汁物でお腹を満たしてから、煮物などを食べた後、最後の最後に揚げ物や肉類やご飯を少しだけ。

結果、2ヶ月弱で8キロ減りました。運動はしていません。

急激なダイエットは身体によくありませんが、私は目に見える結果がなければ頑張れないので、この方法で楽しく痩せられました。

ある程度痩せた後の維持はかなり辛かったですけれど…(せっかく痩せたのに、私は妊娠を機にメキメキ太ってしまいました)。

そうそう、体重の折れ線グラフをつけるのも重要です!日毎に減っていくグラフを見るのが楽しみでした。

この記入方法は、ためしてガッテンでも効果的だと紹介され、確かギネスの機関にも感心されていたと記憶しています。

どんなダイエットでも、余程のヤル気がなければ続きませんし、維持が難しいですよね。

私は、本腰入れて取り組めるまでに半年を要しました。半年間は、どんなにチャレンジしても三日坊主で続けられませんでした。一度スイッチが入れば頑張れるんですけどね。

ウォーキングからスタートして今では走ってます。
それが趣味になりました。

ウォーキング時代にものすごく減ってから走るようになってからはあまり体重の変化はないのですが、体が引き締まりました。

「食べたければ走れ」
私の座右の銘です。

人の骨と骨の間において…。

私たち人が元気でいるために主要な栄養とは「体力となる栄養成分」「人体を形成する栄養成分」「健康にするための栄養成分」の3分類に広く分ける事が可能です。

節食を試みたり、忙中さについ食べなかったり削減したりとなると、自分の身体や各器官の働きを維持し続けるための栄養素が不足し、良くない結果が現れます。

実は、コエンザイムQ10は、経緯をたどると医薬品として処方されるものでしたから市販のサプリにもおそらく医薬品と同等な安心と効果の高さが予想されている部分があります。

一例ですがコンドロイチンには、健全な身体のために限定されるのではなく、綺麗になりたい人にも、嬉しい成分がたくさん含まれています。
コンドロイチンを補うと、体の新陳代謝が改善されたり、皮膚がみずみずしくなるという噂があります。

お店にはビフィズス菌入りドリンクやヨーグルトなど、善玉菌のビフィズス菌が入った食品も手軽に購入できます。
体に取り込まれた善玉菌ビフィズス菌は、大量になったり微量になったりをただただ繰り返していき凡そ7日ほどでその体からは離れます。

例えばコンドロイチンが少なくなると、各筋肉の柔らかさが減退したり、骨の連結部分の衝撃緩和材の働きが稼動しなくなるのです。
すると、骨と骨の衝突が直に伝わってきます。

入浴する方法によって、生じてくる疲労回復効果に明らかな違いが出現することも、認識しておいてください。
自分の肉体を休養ムードにしてやるためにも、人肌よりもやや温かいくらいがイチ押しです。

一緒の状況で強いストレスが生じたとしても、ストレスの刺激を得やすい人とそうではない人がいます。
平易に言えば受けるストレスに対応する才能を所持しているかいないかの相違からくるのです。

自身のクエン酸回路が活発化されていて、問題なく役目を果たすことが、人間の体内での気力造成と体の疲労回復に、活発に関係してくるものです。

人の骨と骨の間において、衝突を和らげる働きをする、欠かせない軟骨が健やかでなければ我慢できない痛みがあらわになるので、新たに軟骨を創出する軟骨成分グルコサミンを、確実に摂取するというのは大事なことです。

基本的にビフィズス菌は、腸の中の栄養素がしっかり吸収されるいい環境に整えてくれます。
動物の腸内にあるビフィズス菌みたいな大事な菌を、持続させておくには天然動植物にも含まれるオリゴ糖または便通を整える作用のある食物繊維や欠かせないのです。

さて健康食品を摂り入れるケースでは、過剰に服用することによる副作用の危険があることを不規則な生活の中、つい健康食品にばかり頼りそうになる時にも記憶しておいて、飲む量には厳重に用心したいものです。

例えばコンドロイチンが少なくなると、各部分の筋肉の柔軟度が衰退したり、骨と骨の間の関節の仕事のひとつクッションの作用が稼動しなくなるのです。
それに伴って、骨と骨のこすれる痛みが直接響きます。

「あまりトイレに行く余裕がないから」とか「汗でべたべたするのが気持ちが悪いから」という勝手な思い込みで、最低限の飲料水すら危ういレベルまで飲用しないとまで言う人もいますが、このような考え方では言わずもがなですが排泄が不定期という便秘になります。

実にビフィズス菌は、腸にとって害がある難儀な菌を増殖し過ぎないようにし、内臓の中の特に腸の活動を良好にする役目を果たしますが、不便な点といえば酸に弱いことで、完璧に腸まで仕向けることは必ずしも可能とは言い難いというのが事実です。

大体の事象には…。

ホントところ活性酸素という困り物のために、内臓など体の隅々で酸化があり、そして様々な迷惑を掛けていると噂されていますが、現に酸化というものを抑え込む働き、つまり抗酸化作用が、そのセサミンという栄養素に含まれているのです。

重点的に栄養分を取り込むことによって、体の底から思わしくなれます。
さらにほどよいトレーニングを実施していくと、影響力もより大きくなってくるのです。

大体の事象には、「訳」があり「結末」があるものす。
ですから生活習慣病はあなた自身のなにげないライフスタイルに「誘因」があってこの病気になるという「作用」が発生するのです。

「ストレスなんかマイナーなケースからくるものだ」といった考えでいると、密かに溜まっていた毎日のストレスの影に気がまわるのが出来ない時が多々あるでしょう。

もちろんビフィズス菌は、お腹の中の有害な邪魔な菌の増殖を減少させ、人の大腸の働きにおいて健全にするパワーを発揮しますが、不便な点といえば酸に弱いことで、損傷なく腸まで傷なくリーチすることは難航すると認識されています。

念入りに必須栄養分を摂取することにより、内部から元気に過ごせます。
その後程ほどの有酸素運動を導入していくと、成果そのものも更に期待できます。

ご存知でしょうがコンドロイチンは、あなたの関節や軟骨などのつなぎ目の組織に見られます。
それ以外に関節だけではなく関節を助ける靭帯や筋肉に代表される、身体の伸び縮みに貢献している箇所においても有効成分であるコンドロイチンが含有されています。

長く苦しんだ便秘をストップしたり腹部にある器官の具合を理想的な状態にしておくため、適正な食習慣と一緒で重要なのが、普段のライフサイクルです。
自分の生活リズムにちょうど良い確かな生活習慣を続け、煩わしい便秘を改善しましょう。

お肌の様々なトラブル、ふくらんだお腹、寝られず参っている人、意外と便秘が理由と考えられそうです。
大概便秘などというものは、多種多様の災いを生み出してしまうことが言われています。

大人になった人間の持つ腸は大事な菌であるビフィズス菌の数が、異常に落ち込んだ具合なので、有用なビフィズス菌をどんどん摂り入れ、個々で免疫力をたくさん上げるように心掛けなければなりません。

私たちの体の行動の水源でもある元気が不充分であれば、肉体や脳に必須である栄養素がちゃんと渡らないのでボンヤリしてきたりけだるかったりします。

恐ろしい活性酸素という迷惑な存在の影響で、人間の体内が酸化して、多様な迷惑を掛けていると話されていると思いますが、それらのような体の酸化を阻止する、つまり抗酸化作用が、ちいさなゴマから摂れるセサミンには秘められているのです。

ここ数年日本では、健康のため食生活の改善や卒煙が支援されているのは当たり前で、ここ5年間では、内臓脂肪症候群を対象とする特定検診制度・特定保健指導を医療制度改革の目玉としてスタートさせる等、多角的な生活習慣病への対策が講じられています。

ミュージックセラピーも、楽に行えるヒーリング法ですではないでしょうか。
ムシャクシャしたら静かな曲などといわないで、深く溜めたストレスを発散するには、いち早く各々の今の心の状態と溶け込むと考える曲を選択するのが上手く効果を得られそうです。

現実にセサミンを、常にゴマから体に必要な量を摂り入れるのはかなり大変なため、よく手に入るサプリメントなどを求めて、間違いなく取り込むことが簡単にできます。